前へ
次へ

投資用マンションの分譲が増加しています

資産運用の基本は分散投資です。株式、債券などの金融商品に投資している投資家が不動産への投資を分散投資の一環として行うケースが増加しています。不動産を証券化した金融商品にリートがありますが、不動産への直接投資として投資用マンションが注目されています。そのため、投資用マンションの分譲が増加しています。マンション一棟の投資は金額が大きくなりますし、リスクも高まりますので、金融商品と同等の感覚で投資できる投資用マンションの分譲の需要が高まっているのです。マンションの一室あるいは複数の居室を保有して賃貸するのですが、一棟を全て保有するような投資に比べると金額は少額になります。手放す場合にも売却は容易で手軽な投資です。

Page Top