前へ
次へ

物件の種類別の理想的な利回り

投資用マンションを購入する場合には、できるだけ高い利回りが実現できることが重要です。しかし同時に物件のクオリティーの高さも重要なので、物件の立地や築年数とのバランスも考える必要もあるのです。特に新築物件の場合には、5パーセントから6パーセント程度の利回りが一般的です。しかし建物がしっかりしているので、長期間安定的に家賃収入を得ることができるのです。一方で中古物件の場合には、10パーセント以上の利回りの物件を選ぶのが理想的です。その背景には、建物のメンテナンスで修理費用の支出もあるので、できるだけ高い収益性が求められていることがあるのです。また投資用マンションの物件情報をチェックすることで、築年数が浅くて利回りの高い物件を見つけることもできるのです。

Page Top